隔世遺伝した子供のわきが治療

安心して受けられるわきがの治療方法

隔世遺伝でわきが発症 | 安心して受けられるわきがの治療方法 | 子供が悩む前に治療して正解でした

子供が受けた治療はレーザー照射で、クリーム状の麻酔を使って患部を焼くというものです。
確実な効果には、複数回の照射を受けることが必要ですが、傷跡は残らないのでその点は良かったです。
この治療法は身体の負担が軽く、当日中にシャワーできるのが魅力でした。
流石に直ぐにわきが臭の変化は分からなかったものの、2回3回と繰り返すことで、より確実な変化が実感できました。
治療には他の方法もありますが、小さな子も受けられる方法となると、安全面から限られてしまうそうです。
それにいわゆるダウンタイムもあって、日常生活に支障をきたすのが気になるところです。
僅か1回の照射で済む治療も存在するようですが、負担が大きくてダウンタイムが生じたり、再発のリスクがあるとのことでした。
今回子供が受けたわきが治療は、患部にピンポイントで照射する方法で、総合的にメリットが大きかったと感じます。
治療後に本人に聞いてみましたが、痛みはなく違和感も覚えなかったといいました。
全ての治療を終えても、ニオイをチェックする癖は抜けず、しばらくは脇のニオイを嗅いでひんしゅくを買いました。
本当に悩みが解消したと理解したのは、治療を終えて1週間ほどが経過した頃です。
外で遊んで汗だくになって帰ってきたのに、乾いた下着にシミはなく、汗の量も心なしか少なかったと気がついたのが、よくやく実感できた切っ掛けです。
細胞の回復力は強いので、将来的に再発しないとはいえませんが、今の状態は良好で再発の兆候はないです。
当の本人は元々自覚がないのか気にしていなかったので、あまり治療による違いは分かっていないようです。
しかし、親からしてみると子供の悩みが1つ減ったことは、これからを思えば心から安心できる材料だといえるでしょう。

「 子供のわきがの対処法は?お手軽対処法3選を紹介します! | ニオイ対策LABO 」の記事を投稿しました https://t.co/qOXYTJvR3I #r_socialnews

— 深井 将 (@hlS2sCHmSsbJQrj) 2019年7月4日